toby_Nakamichi’s blog

tobyのNakamichiに纏わる話題を綴るブログ

本日の着弾(2020/04/03)

 

本日の着弾はオクから宅急便で到着です。

 

 

f:id:toby_Nakamichi:20200404000043j:plain

 

 

中身は、コンパクト・レシーバー・システム1のサービスマニュアル、オリジナル品です。

 

 

f:id:toby_Nakamichi:20200404000046j:plain

 

 

サウンド・システムシリーズとはまた違うシステムなんですね。

これはレアなモデルだと思います。オクでも一度も見たことがありません。

そのレアなサービスマニュアルですから、さらにレアだと思います。

 

サービスマニュアルを先に手に入れて、後から本体をという流れになれば良いんですけどね。(笑)

 

 

 

 

 

 

 

本日の着弾(2020/04/02)

 

本日の着弾はオクからクリックポストで到着です。

 

f:id:toby_Nakamichi:20200402220842j:plain

 

 

中身は、ナカミチのドルビーC・ノイズリダクションの取扱説明書です。

 

f:id:toby_Nakamichi:20200402220852j:plain

 

14cmx11cmというかなり小さい取説です。

 

ドルビーCの動作解説と、接続と操作方法が載っています。

 

これまで、NR-100を使ってきましたが、本体のみの入手でしたので、初めて取説を見ました。やはり、あるに越したことはありませんね。

 

 

本日の雑誌(2020/04/01)

 

本日の雑誌はStereo誌2020/04号です。

 

f:id:toby_Nakamichi:20200401224548j:plain

 

 

編集長が吉野編集長に代わってから、若い斬新なアイディアで魅力的な雑誌になったと思います。

 

今号は、レコードのチカラというテーマです。

 

・自作アクセサリーの検証

・フォノイコライザー8機種の聴き比べ

・ヘッドアンプと昇圧トランスの魅力探求

・JICOの黒柿交換針の工場探訪

・ビンテージ機の魅力

 

他にも盛沢山ですね。

 

中々書店に行く時間が取れなくて、やっと入手です。

オーディオ誌は現在定期購読は季刊誌のステレオ時代のみ。

Stereo誌も定期購読しても良いかなと思うこの頃です。

 

 

 

本日の雑誌(2020/03/31、Stereo Sound)

 

 

本日の雑誌はオクからレターパックライトで到着です。

 

f:id:toby_Nakamichi:20200331222831j:plain

 

中身は、別冊ステレオサウンド 魅力のオーディオブランド101(昭和61年11月30日発行)です。

 

f:id:toby_Nakamichi:20200331222828j:plain

 

 

オーディオ全盛期当時に存在した国内外併せて101ブランドを掲載されています。

その中にナカミチも勿論載っています。

 

 

f:id:toby_Nakamichi:20200331222844j:plain

 

 

f:id:toby_Nakamichi:20200331222840j:plain

 

f:id:toby_Nakamichi:20200331222835j:plain

 

当時のナカミチの主要メンバーの貴重なインタビュー、そして年表とモデルも載っています。これも貴重な資料となりますね。

 

 

 

本日の着弾(2020/03/30、ステレオ時代VOL.16)

 

本日の着弾はfujisanから到着です。

 

f:id:toby_Nakamichi:20200331105026j:plain



今号は入稿締切と発刊日の日数が違ったのでしょうか。

fujisanからの到着はこれまで発刊日の1日前に届いたのですが、今回は発行日に届きました。

 

巻頭特集の「まだ間に合う2020年 今こそワンランク上のCDプレーヤーを聴こう!」

ナカミチ以外は全く専門外で、他メーカーのCDPは全くわからず。マランツのCD-34の上位モデルにCD-72があったということすら。。。(汗)

ブラックかシルバーの2択だったデザインで、この表現できない色合いの筐体は今見ても個性的で魅力的だなあと思いました。

 

カセットテープ使いとしては、マクセルもTDKの次に愛用していたブランドですから、UDIIと日本記録メディア工業会OB会の記事はとても興味深く読みました。

TDKのH山さんからも、読みましたとのメール頂きました。(驚)

 

それと、登場させたもらった「ワンメイク沼」 

事前に記事の校正を依頼されたのですが、メーカー違いで沼にハマった3人を取り上げるという展開は想像ができませんでした。(笑)

次号以降は、他のメーカーにハマった方々の登場もあるのでしょうか。

SNSで、Aurex沼にハマった方と繋がったりと、これからも輪が広がると良いなぁ。今後の展開、色々と期待してしまいます。 

 

2020年スピーカー工作(その1)

 

昨年夏に、音楽之友社から発売されたスピーカー本を入手し、音工房ZさんからOM-MF519用のエンクロージャーキットが限定販売されて入手しておりましたが、諸般の事情によって、エンクロージャーキットは塩漬けされておりました。

 

やっと手を付けられる状況になったので、今回作成することにしました。

 

f:id:toby_Nakamichi:20200329223234j:plain

 

到着して、中身のパーツをチェックしてそのままになっていた状態です。。。(汗)

 

f:id:toby_Nakamichi:20200329223231j:plain

 

キットのパーツ一式です。

 

パーツに仮組みして、位置をマーキングして組み立て開始。

片側の側板にバフル板、背板、音道板などを取り付け、接着して固定。

 

f:id:toby_Nakamichi:20200329223244j:plain

 

音道パーツが初期硬化させて、反対側の側板を接着して、固定します。

 

f:id:toby_Nakamichi:20200329223241j:plain

 

で、完成です。

 

f:id:toby_Nakamichi:20200329223239j:plain

 

 

外出自粛発令中で、外は雪ということでのスピーカー工作でした。(笑)

 

仕上げをどうしようかと思案中です。

 

本日の着弾(2020/03/28、ナカミチ1000mb/i)

 

本日の着弾はIDKから到着です。

 

 

f:id:toby_Nakamichi:20200328232131j:plain

 

 

元箱ですから、運送も安心です。

 

 

f:id:toby_Nakamichi:20200328232137j:plain

 

 

中身は1000mb/i、CDプレーヤーです。

詳しい方はお分かりだと思いますが、CDトランスポートの1000mbにDACボードを内蔵させたCDプレーヤーです。

 

昨年に入手していたのですが、CDが読み込めない状態でナカミチ本を撮影する関係で修理に出すことが出来ずに居ました。ナカミチ本が終わり、諸々が一段落したのでIDKさんに修理をお願いしたのです。

 

今回の修理依頼内容は、CD読めないことと、CDトレイ排出時に開く前面蓋のダンパー不良でした。ピックアップは新品交換が出来ましたが、残念ながらダンパーはパーツがなく、現状維持となりました。まあ、基本的な動作に支障は無いので、良しとします。

 

f:id:toby_Nakamichi:20200328232135j:plain

 

そのうちに、1000p(DAC/ADC)+1000mb(トランスポート)と1000mb/i(CDプレーヤー)との音の聴き比べをしてみたいと思っています。